実践J2EEシステムデザイン

ごめんなさい第2章を読みきることはできませんでした。
途中で睡魔が襲ってきました。
実際、実務でJ2EEを使ったことが無いので
ふーんと読み進めるしかありません。
だから余計に眠たい。